racreate アメーバオウンドHP作成

記事一覧(9)

エレガントを探して〜最近はマニキュアを楽しんでいます

一年以上ジェルを休んでいた効果もあり、健康的に復活しました。オイルでお手入れは続けていましたが、彩のない時間が長かったですね。私自身は、元々ネイルは脇役として捉えています。マニキュアでもおとなしめのカラーばかりですね。そう地味なんですよ。たまに好きなボルドーがお目見えします。ジェルをしていた時も、ネイルが主役にはならないですね。人によっては、指先を見た時にテンションが上がる、わくわくするということでネイルのデザインやカラーを凝る方もいらっしゃるでしょう。それもいいと思います。この写真も塗ってから4日ほど経っています。この日は夜にトップコートだけ塗って補強する感じです。爪も大事ですが、手の保湿も大事ですね。私はハンドクリームも塗りますが、顔と同じように化粧水や乳液、オイル系も塗りますね。ハンドクリームの保護は、手袋を一枚加えるような感じですね。その前に普段から保湿を心がける。食器を洗うのも綿手袋をした上にゴム手袋です。と、気をつけていてもセーターや下着は手洗いしてますね。洗剤もできるだけ穏やかなものを使いたいですね。年齢を重ねると、手と首、髪の艶などが与える印象を左右しますね。気をつけたいところです。お読みいただきありがとうございます。

エレガンスを育む〜きほんに戻る

見た目が若く見えるのは、内臓が若いのよ。
人より丈夫な方だけど、ぎりぎりも過ぎた頃まで我慢しすぎるから。
占い師に言われた言葉。

なぜそんなに頑張って毎日をおくっていたのでしょう。
つい最近までの私です。

突き詰めて学んだり、調べたり、誰かの役に立つために時間を捻出する。

中途半端に器用な人が陥りがちなところですね。
責任感が強いのは、反面そんな自分でないと価値がないと思っているから。

ノートへの書き出しにも、完全でないといけない、不完全は許せない自分を発見。
今のままの自分でも十分なのに、今の自分にOK!が出せないまま、
もっと学んで足りないところを満たさねばと、
伝えたり教えたりするには完璧でなくてはとぐるぐるしている。
自分にOKを出せないと、周りにもOKを出せない。

そんな自分はもう嫌だなと思います。

自分のきほんに戻ってみる。

私は私らしく、自分のできること、
得意なことを伝えていくのでいい。

これまで答えがわかることに、式も説明しないといけないからと、
たくさん学びましたが、なくてもよかった。
あれこれやってどんどん普通になっただけですね。

これまでのものは手放して、私からの答えをお伝えする。
そんな形にしていこうと思います。

私が生きていきたい世界は、後の残りの自分時間をいかに豊かに過ごすかです。

自分の心が喜ぶことをどれくらいできるかな、そんな自分を喜ばせたい、
自分が幸せだったと思える人生にしたい人たちと過ごしたいなと思います。

そのために、生きていくきほんに戻りたいと思います。

もっと自分の中にエレガンスを育みたいから。

お読みいただきありがとうございます。

エレガントを探して〜また会いたいと思われる人

昨日の 南城久美子さんのトークショーで知っている人を見かけ、久しぶりで嬉しい!

挨拶しようと思いながら、席も遠く、
終わってからも話し込まれていた様子に、
つい気後れして。

その場を後にし、買物先に向かいました。
私はこういうこと、よくあるのです。


集合写真か、Facebookのタグ付けで気づかれたのだと思いますが、
すぐ連絡を寄越してくださったのが西尾暁子さん。

相手に負担のかけない感じのメッセージが、
素直でそのままの人柄があふれてるんです。

西尾さんとは知り合ったのは4年程前ですが、
私がライフオーガナイザー協会の関西チャプター長の際に
講座をお願いした間柄です。

その当時の西尾さん、可愛い。
ぜひご覧下さいませ。

起業するなら税理士西尾曉子さんに学ぶ

当時の打合せも、内容や金額の交渉も気持ちよくスムーズでした。
その講座がきっかけで、開業届を出し申告と形が出来た方も。

これから起業を考えていらっしゃる方にも、
お薦めです。
最初に西尾さんみたいな方にお願いされた方はラッキーです!

西尾さんのようなサバサバしてきりっとお仕事のできる方は、
男前な~とか言葉がつくけれど、
私の感じではそうじゃない。

女性らしさを感じます。

私が西尾さんで一番好きなのは、嘘のないこと、ストレートなところ。
あのきりりとした瞳でまっすぐに、
これどうして? とお話しされるところ。
人によっては最初は緊張されるかもしれません。
それは杞憂です。

どんな風に取られるか考える必要はない、
安心できる方ですよ。

男前より、女前。
見えないところでのきめ細やかな心遣いが素敵な人です。

それこそまた会いたいと思われている人だと思います。

エレガントを探して〜自分発に気をつける

心を開いてエレガンスを育てる

ずっと前は心を開くのは苦手でした。

苦手だけれど、素直で真面目な部類の人ではあったと思います。

そして今は、なんだか毎日とても和やかで楽しいのです。

私はいつの間にか、心を開くのが得意な人になっているのを
自覚することが多くなったからです。

私の理想にチャーミングなおばあちゃん、
エレガントでチャーミングな70代、80代でいたいというのがあります。
自分よりうーーーんと年下のお友達がいるような。

そんな年齢になってから、急になれるのか?
無理ですよね。

それなら今からなればいいんじゃない?

そう思った日から、段々と誰に対しても、
素直に感じたままに言葉にできるようになっている自分がいます。

アクシデントに巻き込まれることが続いたのですが、
頭でっかちにならずに、素直に悲しかったこと、
やるせなかったこと、そして嬉しかったこと、
大切に思っていること、全部言葉にします。

そうしているうちに、良い感じの着地点に落ち着いています。

それは自分の力でなく、受け止める相手の心にも風が吹き込むからでしょう。

外側をエレガントに見せることは、
内面のエレガンスを育てるより簡単です。

私は両方どちらも大切だと思うので、
これからも心を開いて、エレガンスを自分の中に育てていこうと思います。